コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<立松和平さん>生と死「丁寧に」新人絵本作家の長女(毎日新聞)

 「父もまさか、こんなに早く死が訪れるとは思っていなかったでしょう。やりかけの仕事がたくさんあって……」。東京都渋谷区の画家、山中桃子さん(32)は悔やむ。命をテーマにした「おばあちゃんのくりきんとん」(長崎出版刊)で昨年11月、絵本作家としてデビューした山中さん。1月に次男を出産、2月には父を亡くし、生と死に向き合った。その父は作家の立松和平さんだ。【田後真里】

 物心がついたころから絵を描くのが好きだった。父は「好きなことをやれ」といつも励ましてくれた。美大卒業後は、父の文章に挿絵を添えた。共作本は30冊を超え、03年には絵本「田んぼのいのち」などでブラチスラバ世界絵本原画展で入選した。

 「丁寧に」。これが父の口癖だった。「心を込めろという意味にとらえてきました」と山中さん。15年ほど前の思い出がよみがえる。共通の趣味だった仏教美術を見に一緒にインドに渡った。交わす言葉もなく、ただ2人で見入った。父は旅先でも、電車での移動中も「ペンさえあればできる」と執筆や取材を続けた。そんな父の後ろ姿を見つめていた。

 絵本作家は夢でもあった。デビュー作「おばあちゃんのくりきんとん」では主人公のたろうが、おばあちゃんの死に戸惑う。おばあちゃんは思い出や料理の味として心の中に生き続けていた--。

 「よく書けているじゃないか。感動したよ」という父の言葉を思い出す。「自分が描いた『命は続いていく』という言葉の意味を今、かみしめています」

 読んでいない父の作品もたくさんある。「父の存在を以前より濃く感じる。本を読み、知らない父の一面に会える気もします」

 ◇「お花見展」28日まで

 都内では桜の満開が近い。桜をテーマにした絵画19点を集めた「山中桃子のお花見展」が28日まで、新宿区大京町のアートコンプレックス・センター(03・3341・3253)で開かれている。

 ◇東京・青山で偲ぶ会

 立松和平さんは、小説「遠雷」「道元禅師」で知られ、環境問題などにも取り組んだ作家。2月8日に多臓器不全のため62歳で死去した。宇都宮市役所に勤務後、80年、都市化にさらされる農村を舞台にした長編「遠雷」で野間文芸新人賞、97年には「毒-風聞・田中正造」で毎日出版文化賞を受賞した。

 テレビ朝日系の「ニュースステーション」のリポーターとして活躍するなど、テレビの紀行番組にも出演。パリ・ダカールラリー出場でも知られた。

 27日午後2時から、東京都港区の青山葬儀所で「立松和平さんを偲(しの)ぶ会」が行われる。

参院比例にプロレスラー=国民新(時事通信)
患者・医療関係者らが理想とする「がん医療」を考える(医療介護CBニュース)
コンビニ労組が救済申し立て=セブンイレブンに団体交渉要求-岡山(時事通信)
九州新幹線 締結式 青森-鹿児島つながるレール(毎日新聞)
東九州道工事 橋に亀裂、造り直し 強度計算ミスか(毎日新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「ヤミ専従」強い政治色…第三者委が指摘(読売新聞)

 「ヤミ専従が広がり、根深い実態があった」――。

 国土交通省・北海道開発局で23日、4000人以上の職員が「ヤミ専従」など勤務時間中の組合活動をしていたことが明らかになった。違反の実態を指摘した第三者委員会の報告書は、昨年8月の衆院選前、「全北海道開発局労働組合」(全開発)が組合員に、知り合いの名前などをカードに書かせるなど政治色の強い活動をしていたことも指摘し、問題の深刻さを浮き彫りにした。

 この日、国交省が公表した第三者委員会の報告書などによると、全開発は昨年7月頃、連合の要請を受けて一部の組合員にカードを配布、勤務時間中に知人の住所や名前を記入させていたが、この直後、同開発局のヤミ専従の問題が表面化したことなどから、カードは連合に提出されなかった。

<自民党>鳩山邦夫氏の離党届を受理…処分は見送り(毎日新聞)
<九州新幹線>締結式 青森-鹿児島つながるレール(毎日新聞)
インフル患者、7週連続で減少(医療介護CBニュース)
<性的暴行>知的障害の少女被害、損害賠償を増額 東京高裁(毎日新聞)
<B型肝炎訴訟>36人が追加提訴、原告419人に(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

【暗流 公益法人の闇】黒澤財団、寄付金流用(産経新聞)

 ■3監督クレーム 無断で「理事」記載

 映画界の巨匠、故・黒澤明監督の記念館を建設するために設立された財団法人「黒澤明文化振興財団」(佐賀県伊万里市)が寄付金約3億円を流用していた問題で、ジョージ・ルーカス氏やスティーブン・スピルバーグ氏ら海外の著名な映画監督3氏が黒澤財団の理事に名を連ね、3氏から財団に苦情が届いていたことが23日、分かった。財団側が3氏の承諾なしに理事として法人登記簿に記載した可能性がある。

 また、3月末までに理事会を開かなければ、監督官庁である佐賀県が財団に対し改善命令を出す方針を固めたことも判明。ルーカス氏らを日本に呼んで理事会を開くことは現在のところ極めて困難で、財団のずさんな運営が浮き彫りになっている。

 法人登記簿によると、ルーカス氏とスピルバーグ氏のほかに、アカデミー賞監督賞を受賞しているマーティン・スコセッシ氏の計3人が平成20年7月から、理事に就任。財団側によると、3氏は生前の黒澤監督と親しかったため、同月、理事就任を承諾し、「世界の文化に貢献されることを期待します」とするサイン付きの承諾書を県に提出したとしている。

 しかし、財団の黒澤久雄理事長は「特別(名誉)理事だったのを当時の担当者が勝手に理事就任の承諾を得ていると思った。3氏からクレームが届いており、名誉理事に戻したい」と説明している。

 県関係者によると、3氏の承諾書をもらった黒澤氏側の担当者がすでに死亡しており、3氏が登記簿に理事として記載されている経緯は不明だという。

 このため、県は財団が3月末までに理事会を開き、理事を改選するなど財団の運営を改めなければ、改善命令を出す方針を固めた。 さらに県は、法人所在地の伊万里市に事務局長を置き、費消してしまった財団の基本財産の積み増しを要求している。

 3氏が名誉理事ではなく正式な理事で委任状などを提出しなければ、理事会に出席する必要がある。財団の理事は現在7人で、理事会を開催するための定足数は5人。ルーカス氏ら3人は米国に居住しており、ほかの4人の理事も伊万里市に在住している人はおらず、事実上、3月末までに理事会を開くことは難しくなっている。

 財団側が3月10日付で県に提出した文書には、「現下の財団の状況から、すぐの進捗(しんちょく)は難しい状況にあり、ひと段落するまで時間をいただきたい」と要望。改善命令が出るのは確実な情勢になっている。

                   ◇

 ■伊万里市、誘致判断先送り

 黒澤明記念館の誘致計画を進めている佐賀県伊万里市の塚部芳和市長は23日、市議会全員協議会で、誘致の是非の判断を先送りすると表明した。塚部市長は今月初め「記念館の建設は誰が見ても無理なのではないか」と計画続行に否定的な見解を示しており、この日の判断が注目されていた。

 市側は誘致の是非を判断するのに十分な情報が得られていないとして、引き続き記念館建設を計画している黒澤明文化振興財団から事情を聴く方針。市はすでに、用地の造成費などで記念館計画に約3億5千万円を投入している。

普天間の県外移設案検討も示唆 官房長官(産経新聞)
公約作り、週内に始動=首脳会議を定例化-政府・民主(時事通信)
山手線などの架線トラブルはパラボラアンテナ落下が原因(産経新聞)
岡田外相がハイチ訪問=大統領に積極支援伝える(時事通信)
強風 千葉市で38.1メートル 全国で黄砂を観測(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

首相、東アジア共同体構想の具体策取りまとめ指示(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は19日午前の閣議で、東アジア共同体構想の実現に向けた具体策の取りまとめを5月末をめどに行うよう関係閣僚に指示した。これまで具体性に乏しいと批判されてきた東アジア共同体構想の具体化にようやく本腰を入れた形だ。

 首相は閣議で「『日本を開く』という考え方にもとづき、大胆かつ積極的にスピード感を持って立案、実行してほしい」と指示した。FTA(自由貿易協定)など経済面にとどまらず、人的、大学間交流、防災など幅広い分野でのアジア諸国との協力について具体的な取り組み内容を検討し、内閣官房が中心に取りまとめる。

 東アジア共同体構想をめぐっては、米国を排除しかねないとの懸念が出ているが、平野博文官房長官は同日午前の記者会見で「首相は日米(関係)が基軸であることを前提にして、いろんな構想を考えており、このことははっきりしている」と強調した。

【関連記事】
「日本はまだ鎖国的」鳩山節全開…東アジア共同体になお意欲
船出するアジアの海軍 虚しく響く東アジア共同体
甘い鳩山東アジア共同体構想 「人民元の海」本格展開へ
「外交、軍事力のバランス整備を」櫻井よしこ氏が松山で講演
「日米中」は正三角形にあらず
20年後、日本はありますか?

北教組事件 小林千代美氏、議員辞職せず「職責を全う」(毎日新聞)
<名古屋市議会>予算案巡り32年ぶり会期延長へ(毎日新聞)
高校無償化法案が審議入り=4月から施行へ-参院(時事通信)
岡田外相が20日に大地震被害のハイチを訪問へ(産経新聞)
強風にあおられ男性転倒、後頭部打ち病院へ(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<首都直下地震>復興対策で報告書案 国民負担周知も提案(毎日新聞)

 国の「首都直下地震の復興対策のあり方に関する検討会」(座長、沢井安勇・日本防炎協会理事長)は17日、報告書案をまとめた。地震から約10年で復興をおおむね完了させるため、住宅再建や市街地再開発などの手順を記載。復興には多額の財源が必要になると指摘し、地震発生後に特別な国民負担を強いる可能性があることを事前に周知する必要性も提案した。

 報告書案は、95年の阪神大震災からの復興を参考に作成。国が中心となって、首都機能や経済活動の復旧を迅速に進めることなどを復興の重点課題に挙げた。その前提として、建物の耐震化や企業のBCP(事業継続計画)作成など事前対策の重要性も訴えた。

 国の被害想定では、東京湾北部でマグニチュード7・3の大地震が発生した場合、死者が約1万1000人、建物の全壊・焼失が約85万棟に上り、経済的被害は約112兆円に達するとされている。このため報告書案は、これまでの震災とは比較にならない多額の復興資金が必要になると指摘した上で、被災後に国民負担を提案することは国民感情などを考えると不適切だとして、事前に周知する案を示した。

 報告書案はまた、首都地域は地域のつながりが希薄で、高齢者ら要援護者の孤立や孤独死を防ぐために行政や自治会、非営利組織(NPO)の連携が必要と指摘。「震災により障害を負った被災者(震災障害者)への支援も必要だ」と明記した。

 報告書は月内に完成予定で、首都圏の自治体などに配布される。【福永方人、川口裕之】

【関連ニュース】
写真展:笑顔で乗り越えた被災地の子どもたち 東京
もんじゅ:「耐震性評価は適切」安全委
高校無償化:朝鮮学校対象にと要請書 外国人学校ネット
中越地震:被災児童の作文もとに歌…「ありがとう」CDに
東大地震研:浅間山の内部構造再現 素粒子使い立体的に

<都立国分寺高>入試で出題ミス、3人を追加合格(毎日新聞)
田中社長、グリーで1260億円釣り上げた!(スポーツ報知)
「こども、脱ケータイ宣言」25人が使用やめる(読売新聞)
<派遣法改正案>「事前面接」解禁は見送り 基本政策閣僚委(毎日新聞)
<提訴>YOSHIKIさんら出演料など求め 制作会社を(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

福岡で桜開花…平年より12日早く(読売新聞)

 気象庁は14日午前、福岡市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。

 同市では平年より12日早く、昨年より1日遅い。

 ソメイヨシノの開花宣言は、高知市の今月10日に次いで国内2例目。

<札幌ホーム火災>吹き上がる炎「中に人。助けて」(毎日新聞)
<清水建設>放射性コンクリ量100分の1に 削減技術開発(毎日新聞)
<スカイマーク>管制官指示の高度より一時、高く飛ぶ(毎日新聞)
現代の傾奇者集う 武蔵野市・月窓寺(産経新聞)
河合誓徳氏死去(陶芸家、日本芸術院会員)(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

小中教員の国庫負担、4億近く払いすぎ 会計検査院指摘(産経新聞)

 会計検査院は12日、全国の公立小中学校などの教職員の給与の3分の1を国が負担する制度に関して、国庫負担の要件を満たさない教職員が全国で151人いるのに過大に請求され、文部科学省が見逃して交付した負担金が計約3億9000万円にのぼるとして、同省に改善を求めた。

 過大に請求していたのは、東京都、大阪府、千葉、長野、滋賀、鳥取、山口県などの17都府県の教育委員会。

 国は都道府県が負担する教職員の給与のうち、3分の1を負担するよう義務教育費国庫負担法で定められている。

 だが、検査院が調べたところ、公務外で生じた心身の故障により休職した教職員のうち、休職期間が1年を超える者には国庫補助金が支払われない仕組みになっているのに、東京都、大阪府、秋田、千葉、長野県などの8都府県で計110人分の国庫負担金を受けていた。

 また育児休暇などを取った教職員の数より代用教員の数の方が多く、実数に合わない県が岩手、宮城、神奈川、栃木、滋賀、兵庫など9県であり、41人分が過大に交付されていた。

 こうした過大な交付金は3億9339万円にのぼるとして、会計検査院は文部科学省に資料の照合を徹底し、改善の措置をとるよう求めた。

【関連記事】
教師の選挙運動 地方公務員も罰則が必要
大阪府教委も国を滅ぼす!? 元校長激白「国旗降ろせと圧力あった」
教員の政治活動に罰則 自民、法案を決定
闘争マニュアル問題 文科相が北教組指導へ
児童買春で教員免許失効後も県立高に 三重、新たな事件で停職
20年後、日本はありますか?

福島震度5弱 政府が情報連絡室(産経新聞)
<郵便不正>別の元部下も否定 大阪地裁(毎日新聞)
<新型インフル>ワクチン接種は推定2278万人(毎日新聞)
TBSのドキュメント番組 撮影時期の矛盾にネット騒然(J-CASTニュース)
「嘘つき」与党に抗議 高校無償化法案、朝鮮学校めぐり紛糾(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

愛子さまが6日ぶりご登校(産経新聞)

 宮内庁によると、今月に入ってほとんど通学されていない状態になっていた皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さまが8日、学習院初等科2年のクラスに6日ぶりにご登校された。

 宮内庁の野村一成東宮大夫は5日の定例会見で、同学年の児童たちから「乱暴」を受けていることを理由に、学校を続けて欠席されたことを明らかにしていた。

警報下の東京マラソン 中井防災相「信用失う」 石原知事「反省そっち」(産経新聞)
<懲戒請求>弁護士6586万円着服 地位悪用し 愛知(毎日新聞)
仲井真知事「陸上案はベクトルが逆」 普天間問題、平野官房長官と会談(産経新聞)
年金一元化、8日に議論開始=首相と関係閣僚ら(時事通信)
民家火災で4人死亡 群馬(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<選択的夫婦別姓>導入求めて400人が集会 都内(毎日新聞)

 選択的夫婦別姓を導入する民法改正を求める集会が3日、東京・永田町で開かれた。市民団体や学者ら約400人が集まった。

 集会には与野党の国会議員も出席。民主党の小宮山洋子衆院議員は「民法改正は私が議員になった目的の一つ。このタイミングで成立させたい」と述べ、公明党の浜四津敏子代表代行も「全力を挙げて後押しする」と話した。

 一方、反対派の団体も国会内で集会を開き、自民党国会議員らが参加。「家族のきずなを守る」として民法改正反対を訴えた。

【関連ニュース】
国民新:「保守」強調 夫婦別姓、外国人選挙権に「反対」
選択的夫婦別姓:法務省が改正案概要 法相「覚悟決める」
鳩山首相:夫婦別姓制度「基本的には賛成」
亀井静香氏:「夫婦別姓」にも反対表明
亀井金融相:夫婦別姓など2法案に反対

世論調査結果で小沢氏「参院選は別次元」(読売新聞)
津波避難指示、むつ市が851世帯に出し忘れ(読売新聞)
借金返済「待ってほしい」=事件前、上田容疑者が運転手に-同居男証言・鳥取不審死(時事通信)
姫路城の備前丸を封鎖、通行規制へ 平成の大修理(産経新聞)
<万引き>徳島商サッカー部員十数人 サッカーシューズなど(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

朝鮮学校を3日に視察=高校無償化法案で-衆院文科委(時事通信)

 衆院文部科学委員会は2日の理事懇談会で、高校の実質無償化法案の対象に含めるかが論点となっている朝鮮学校などを3日に視察することを決めた。朝鮮学校のほか、ドイツ人学校と看護高等専修学校も視察する。 

【関連ニュース】
「教育費、社会で負担を」=高校無償化法案が審議入り
高校無償化法案が審議入りへ=民主のマニフェスト施策
高校無償化、外交は考慮せず=朝鮮学校の扱いで
高校無償化法案を閣議決定=授業料負担を軽減

<火災>アパート爆発 1人死亡3人重軽傷 福島・矢吹町(毎日新聞)
米の核抑止力削減に懸念 事務レベル協議で日本側(産経新聞)
大阪の十数台当て逃げ、容疑で男逮捕(産経新聞)
<琵琶湖文化館>休館中なのに寺社から寄託相次ぐ 仏像盗難防止も(毎日新聞)
英文だけ「TSUNAMIない」 宮城県、メール誤配信(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

新型インフルによる血液製剤回収を取りやめ(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月2日の「薬事・食品衛生審議会薬事分科会血液事業部会運営委員会」で、新型インフルエンザ感染の疑いや確定診断による血液製剤の回収を取りやめることを決めた。日赤が感染の疑いにより確保または回収した579人の血液を検査したが、ウイルスが検出されなかったため、血液から感染する可能性はほぼないと判断した。

 日赤では、昨年6月3日から今年1月3日に、献血後7日以内に新型インフルエンザと診断(疑い含む)されたため、579人の血液を血液製剤の原料になる前に確保したか、血液製剤を医療機関から回収した。これらについて検査した結果、すべて陰性だった。579人のうち、10人は献血した当日に、74人は翌日に新型インフルエンザと診断されていた。
 日赤の担当者によると、季節性インフルエンザの場合は血液から感染することはほぼないが、強毒性の場合はエビデンスがないという。

 厚労省では、献血後7日以内に新型インフルエンザと診断されたことが判明した場合、その血液を血液製剤の原料にしないことや、未使用の血液製剤を医療機関から回収することなどを、昨年5月18日に日赤に要請していた。今回の決定は、豚由来のH1N1について今後適用する。別の新型インフルエンザが将来発生した場合には、改めて検討する。


【関連記事】
新型インフル疑い患者から採血せず―厚労省
新型インフルで血液製剤回収、昨年64件
献血後に新型感染判明、日赤が血液製剤を回収
新型インフル対策で英国滞在者からの献血制限緩和へ―日赤
新型インフル時、献血者数が計画割れ―兵庫・大阪

南方英二氏死去(お笑いグループ「チャンバラトリオ」メンバー)(時事通信)
民主・小林議員、小沢氏に陳謝(時事通信)
朝鮮学校巻き返し 首相と生徒、面会へ(産経新聞)
借金返済「待ってほしい」=事件前、上田容疑者が運転手に-同居男証言・鳥取不審死(時事通信)
<名古屋女性殺害>被告が控訴取り下げ 懲役17年判決確定(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

貸金業規制、メガバンクは対案を=亀井金融相(時事通信)

 亀井静香金融担当相は5日の閣議後の記者会見で、改正貸金業法を予定通り6月までに完全施行することを改めて表明した。その上で、「メガバンクがダミー(の貸金業者)を使って荒稼ぎをしてきた」と指摘。「(完全施行で)困ると言うなら、小口・緊急な庶民のニーズにメガバンク自身がどう対応していくのか対案を出さないと駄目だ」と述べた。 

女子中学生自殺で緊急会議 都教委、今年度中に全教員の研修を実施(産経新聞)
無償化へ朝鮮学校側が“攻勢” 社民は首相に生徒との面会要請(産経新聞)
沖縄で震度5弱の地震 一時津波警報も(産経新聞)
<もんじゅ>再開微妙に 安全性の説明不十分(毎日新聞)
鳩山首相、輿石氏との会談「予算案、頑張ろうと…」(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<自民>問われる真価 「政治とカネ」攻防、参院へ(毎日新聞)

 10年度予算案は2日、年度内成立が確定した。民主党は野党が求める鳩山由紀夫首相の関係者や小沢一郎民主党幹事長の証人喚問をかたくなに拒んだものの、北海道教職員組合による違法献金事件が追い打ちとなり、「政治とカネ」の問題を巡る与野党攻防は引き続き参院に舞台を移す。自民党は衆院での失敗を教訓に参院では審議拒否戦術をとらない方針で、正攻法で与党をどこまで追い込めるか、野党第1党の真価が問われることになる。【田所柳子、木下訓明】

 ◇審議拒否戦術は封印

 政治資金規正法改正に向けた与野党協議機関の設置自体については野党も受け入れる姿勢を示している。ただ、首相が2日の会談で小沢氏に設置を指示したことに対しては、「疑惑隠し」との警戒感を強めている。

 特に企業・団体献金を是認する自民党は、民主党が首相らの問題にフタをしたまま献金禁止の法改正で幕引きを図る事態は何としても避けたいのが本音。首相と小沢氏の会談について自民党幹部は「『政治とカネ』の問題の当事者同士。冗談のようだ」と冷ややかに語った。

 自民党の谷垣禎一総裁は国会内で記者団に「政治資金規正法に違反しておいて、言い訳のために法改正するのは発想が逆立ちしている。まやかしの案に乗るわけにはいかない」と述べ、協議機関への参加は、関係者の証人喚問や石川知裕衆院議員の辞職勧告決議案採決が前提になると強調した。

 共産党の志位和夫委員長も「疑惑について説明すること抜きに制度の問題に行くのは、国民の政治不信を払しょくすることにならない」と指摘した。

 北教組問題では、自民党は公立学校教職員の政治的行為を制限する教育公務員特例法に罰則規定を設ける法改正を検討してきた。北教組幹部らの逮捕を受け、同党の馳浩氏は1日の衆院予算委員会で、首相から「法改正が必要かどうか、川端達夫文部科学相に検討させる」との答弁を引き出したが、川端氏は2日の記者会見で「(刑事罰を科さない18条2項の)削除を前提に議論しようとしているわけではない。慎重に検討したい」と述べ、首相との温度差をにじませた。自民党はこうした食い違いも追及する構えだ。

 一方、協議機関の設置を働きかけてきた公明党は、与党の方針を歓迎している。井上義久幹事長は国会内で記者団に「公明党が繰り返し訴え大きく前進した。少数野党でも世論に訴え、政策実現することが大事だ」と手放しで喜んだ半面、「疑惑の追及と再発防止はどちらか一方ということではない」と述べ、自民党とは一線を引いた。

 その意味で、協議機関は自民、公明両党の間に民主党が打ち込んだくさびとも言える。公明党は衆院で自民党の審議拒否に同調せず、足並みの乱れを見透かした与党側は、野党の要求を突っぱねた。

 参院自民党は、谷川秀善参院幹事長が衆院での審議拒否に異論を唱えた経緯があり、参院では欠席戦術をとらない方針だ。谷川氏は2日の記者会見で「(予算案は)1カ月たつと自然成立するが、中身の問題点をテレビ等を通じて国民にしっかり知らせたい」と語り、参院選へのアピールに余念がない。ただ、野党共闘がなければ、参院審議も与党ペースで進むことになる。

【関連ニュース】
10年度予算案:衆院本会議で可決 年度内成立が確定
10年度予算案:衆院予算委で可決 年度内成立へ
10年度予算案:年度内成立へ 午後、衆院通過
10年度予算案:年度内成立へ 3月2日衆院採決
衆院予算委:自民党が分科会欠席

箸の持ち方、どう教える 無理やりは禁物、興味を持たせて(産経新聞)
偽造株主優待券 密輸容疑で6人逮捕、マックを1万8千枚(毎日新聞)
JR東日本 次世代新幹線「E5系」の列車名公募始める(毎日新聞)
医療チームをチリに派遣=鳩山首相「支援への第一歩」-政府(時事通信)
パトカー追跡中の乗用車がひき逃げ 東大阪(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

盗撮の警察官を停職処分=「4、5回やった」-大阪府警(時事通信)

 大阪府警は24日、JR大阪駅のエスカレーターで先月、店員の女性のスカート内をカメラ付き携帯電話で撮影しようとしたとして現行犯逮捕され、同日中に釈放された府警鶴見署地域課の男性巡査(24)を府迷惑防止条例違反容疑で書類送検、停職1カ月の懲戒処分にした。巡査は同日付で辞職した。
 府警監察室によると、巡査は仕事のストレスから、昨年10月ごろからスカート内を盗撮するようになった。「これまでに4、5回やった」と話しているという。撮影した画像は消去していた。 

【関連ニュース】
警察官夫婦、通勤中にお手柄=盗撮容疑で会社員男逮捕
巡査長を盗撮容疑で書類送検=スカート内にデジカメ
小学校教諭、女子トイレ盗撮=建造物侵入容疑で逮捕
女性のスカート内盗撮=容疑でNHK職員逮捕
ほかにも十数件に関与か=痴漢容疑で予備校生を逮捕

リコール制度見直しを検討=トヨタ問題踏まえ-前原国交相(時事通信)
「政治とカネ」の説明大事=平野官房長官(時事通信)
<数学分野>研究費の格差広がる 中規模大学で大幅減(毎日新聞)
<エコフェスタ>千葉・佐倉の「ユーカリが丘」で開催(毎日新聞)
<札幌国税局>業務依頼で源泉徴収ミス 「法人」と誤認(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

【お財布術】「ネットスクール」編 一流講師とマイペースで(産経新聞)

 趣味やスポーツなどのスクールに通っても長続きしない人は多い。その理由の一つが時間の制約。そんな人に持ってこいなのが時間が融通しやすい「ネットスクール」だ。インターネットを通じた教室というと、英会話や受験生、社会人向けの限定メニューが多かったが、一流の講師陣と双方向のやりとりができるスクールなど、趣味の域を越えた質の高いコンテンツが売り物になっている。(日出間和貴)

 ≪一輪の花で安らぎを≫

 「地方に住んでいて一流の人気講師に習おうとすると時間がかかるうえ、受講料と交通費の負担が大。その点、ネットスクールなら効率的に時間を使え、1人でも気兼ねがいらない」とNTTナレッジ・スクウェアの久米真司企画部長。

 同社は昨年11月、双方向型ネットスクールを立ち上げた。スイーツ、ゴルフ、釣り、マジック、交渉術など、趣味や仕事の13ジャンル。受講生は自分の作品を撮影した写真(または動画)をネットで送り、各分野の著名な講師からアドバイスをもらえる。生徒同士がネット上で議論しながら互いの技術を高め合うこともできる。

 「花の教室」を受け持つ前野博紀さん(39)は草月流の気鋭の華道家。料金は3カ月(6レッスン)で5万円。華道というと流派に沿って師匠から直接指導を受けるイメージがあるが、前野さんは「華道に対する固定観念を打ち破って花人口の裾野(すその)を広げたい」と今回の依頼を快諾した。

 「ネット華道に時代の要請みたいなものを感じた。どんなに多忙な人でも一輪の花を通じて安らぎを感じたり希望を持つことができる。華道の魅力は、1本のはさみと器さえあれば年齢や性別を問わず、死ぬまで花を生けることにあります」

 ≪もう一度弾きたい≫

 ネットスクールの強みは、時間の制約を受けずに長続きしやすい点にもある。自分のペースで気ままに学べるからだ。

 ヤマハ(静岡県浜松市)の「ミュージックレッスンオンライン」は、「昔習った楽器をもう一度弾きたい」という人に打って付けだ。ピアノやギター、フルート、バイオリンなどの練習を自分のレベルや空き時間に合わせて受講できる。

 各楽器とも基礎コースは月額3465円(テキスト代別)と財布にやさしい。弾き方に関する個別の質問にも担当講師が対応。ネットスクールの男女比は男性が7割以上と、実際の教室で教える場合とは逆の傾向にあるという。

 ヤマハ広報部は「将来的には映像で質疑応答ができるようなシステムを作り、対面で教える教室に入会したがらない層をネットレッスンで解消していきたい」としている。

 そのほか、多彩な講座で利用者のニーズに応えているのが「ナレッジサーブ」(福岡市中央区)。講座数は300を超え、資格取得系から趣味・教養、癒し系まで多彩。ユニークなのが自分の専門知識を生かしてネット講座を自ら開設できる点だ。

 コンテンツの柔軟性に富み、師弟というタテ社会にとどまらないネットスクールは「学ぶ形」を変えていきそうだ。

自殺対策「正面から取り組む」=鳩山首相(時事通信)
踏み倒し続出、路上禁煙違反の過料2000円(読売新聞)
来年度予算案、3月2日に衆院通過へ(読売新聞)
<東大寺>法華堂の須弥壇、創建以来初の本格修理へ(毎日新聞)
富士山の日 山梨で講談の夕べ 神田紫さん初口演(毎日新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。